1

アニマルコミュニケーションspica

動物たちとテレパシーにて対話し、飼い主さんにメッセージお伝えするアニマルコミュニケーター 森永紗千のブログ。 ペットと話せる!アニマルコミュニケーションワークスクールの他、ドッグトレー ニング、レイキヒーリングも行っています。

曇り空でも心明るく



梅雨ですね☁️
あれ…なんか違うのが咲いてる?

2018年上半期…自分の中でのベストショットはこれかもしれない(笑)

ホームステイ中のエイル♀は、面白いこと大好き、ユーモアたっぷりの女の子。

遊ぶ事も、遊ばれる事も大好き。

可愛らしく撮るよりも、みんなに笑ってもらえるほうが嬉しいみたいです😊

どんより曇り空でも心明るく笑い飛ばそう!

大型犬のためのブランド macss will がオープン



我が家のアーシャとモアナがモデルでお手伝いさせて頂いた、レトリバーのためのドッグブランド macss will さんがオープンしました。

https://www.macsswill.com

これまでになかったレトたちのためのお洒落で洗練されたアイテムに期待💕

うちの子たちもバンダナつけてお出かけすると、通りがかりの人にいつもより話しかけられたり、撫でてもらったり。バンダナつけているだけで親近感がアップするようで、お子さんも怖がらずに触れ合ってくれます。

ただいま、Instagram限定で、Open記念プレゼントキャンペーンをされてます。

⬇︎応募はこちらから
https://www.instagram.com/macsswill/



大型犬を飼われてる皆さま、チェックしてみてね😊✨

はじめましての動物と仲良くなるコツ



このお仕事をしていると、初対面の動物と出会う事が多々あります。

アニマルコミュニケーションではその子から気持ちを聞き出すために、またはドッグトレーナーとして正しい方向に導くために、まずはその子と仲良くなる事が大切です。

『仲良くなる』
それは人間同士の方法とは違います。

ファーストコンタクトの際に無意識にしている事ですが箇条書きにしてみました。

目を合わせない
ガン見しない
触らない
動き回らない
大きい声、高い声をあげない
テンションあげない
やたらと声かけない
体で覆い被さらない
匂いを嗅がれたら動かない
緊張しない
驚かない
焦らない
怖がらない
決めつけない
見た目で判断しない
意見を押しつけない

平和的で穏やかな気持ちでいる
動じずに静かにただそこに在る

動物が私たちに対して安心できることが確認できれば、警戒心も解かれます。

本当に安心できる相手なのか?信頼できるのか?を探るために、動物たちも様々なアプローチをしてきます。匂い嗅ぐ、吠える、周りを回る、歯を当てる、飛びつくなどなど…

それは『挨拶』ではなく、確認のための作業中ですので、そんな時は驚かず動じず、反応せずにいてあげてください。

特に警戒心の強い子にはあえて、無関心な態度でいてあげてください。

信頼して欲しいあまりに『大丈夫よー!』と自分を押し売りしない事が大切です。

あなたのエネルギーがその子の好きな類のものであれば、近くにいてくれます。触っていいのはそれからです。

他のペットと会う際にはぜひ意識してあげてくださいね。

また人間のお子さんにも教えてあげてくださいね。

飼い主さんへの接客よりも、動物に対してこのような対応を優先しているので、初対面の方には完全にテンション低めの無愛想な人と思われてるだろうな🤣

pic:モグ

天国のペットたちの願い



ペットを亡くしてから、『亡くなってしまうのが悲しいから、もう犬(猫)は飼わない。』という方がたまにいらっしゃいます。

天国のペットたちは、そんな風に思われる事をちょっぴり残念に捉えています。

『自分と暮らした事で、飼い主に悲しい経験をさせてしまった』と感じてしまうのです。

人と暮らすペットたちは、今世では、動物の素晴らしさを私たちに伝える使命を多かれ少なかれ持って生まれてきています。

天国のペットたちは、飼い主さんに、また新たに動物を迎えてほしい、自分と暮らしてた頃のように、命を育み、明るく豊かに動物と過ごしてほしい。と願う子がほとんどです。

『ヤキモチを焼きませんか?』とご心配される方もいますが、天国のペットたちは、妬くどころか、新たに迎えるペットとの出会いをサポートしたり、魂の役割として新しい子のガイドを務めたりしてくれます。

動物と暮らす事は、心が癒されたり、自分の感情を見つめなおさせてくれたり、命の輝き、前を向いて生きる強さなど、私たちに様々な経験と感動を与えてくれます。

ペットを亡くした後、もしまた動物を飼う事が可能であれば、ぜひ前向きに新しい出会いを望んでくださいませ。

我が家のルルも、産まれる前から先代のダックス達の魂を受け継ぎ、パピーの頃からまるで血の繋がりがあるかのように、同質なエネルギーを持っています。

そうして、この世から亡くなっても、彼らの魂はあなたの元で生き続けます✨


さて週末!
みんなに良い事ありますように💕

犬種の誇り



ブリュッセルグリフォンのソル♂

20年前、様々な犬種がいた犬の商業施設で働いていた時、ブリュッセルグリフォンとプチブラバンソンとアーフェンピンシャーの名前と見た目をなかなか覚えられずに、よく混同してました💦

この3犬種とも、ユニークで愛らしい風貌ですが、中身は、勇敢さを持ちつつも、明るく、友好的な子たちが多いです。

アニマルコミュニケーションでは、自分のどこが自慢であるかを教えてくれる子たちも多いです。

それは普段、飼い主さんや他の人たちから褒められたり、認められている部分である事が多いのですが、中には自分がその犬種としての誇りやプライドをしっかり持った子もいます。

そのような子たちは、飼い主さんに自分の犬種についての歴史や、自分たちが作られた意味を知ってほしい。もっと自分の種族に興味を持ってほしい、好きになってほしいと伝えてきます。

私たち人間も、自分の出身地や故郷、今住んでる街などに、他の人から興味を持たれたら嬉しかったり、誇らしかったりするのと同じく、彼らも自分の中に流れる血を誇らしく感じたいのです。

自分の愛犬も含め、出会う犬たちにも、ぜひそうした興味を持ってあげて頂けたら、彼らの自尊心が満たされ、素敵に誇らしげな表情を見せてくれるようになりますよ🐶✨