益子陶器市

春と秋に開催される益子の陶器市。今回も行ってきました。食器を陶器にして欲しい!という動物からの要望も多いですね。(特に猫)現代社会は、電化製品、化学物質に囲まれた生活です。動物たちは自然を感じられるような、なるべくナチュラルなもののエネルギーを欲しています。お供たち♪...

さくら

15年来のおつきあいの飼い主さまと、美味しい食事を頂き、お互いの誕生日を祝いつつ、食後は昨年旅立った彼女の愛犬のセッション。  ありがとう、さくら。あなたの思い、しっかり受けとめました。...

出版が決まりました

誕生日を迎えた今朝、出版社から連絡があり、正式に執筆のオファーを受けました。アニマルコミュニケーターとして今年で10年。その節目となるように、アニマルコミュニケーションに関する書籍出版のお話が決まりました。10代の頃から、どんな事であれ、内容は何であれ、自分自身で何かを表現する1冊の本をこの世に届けたいという密かな夢を抱いておりました。誕生日に神様から素敵なプレゼントとプレッシャーを頂いた気分です(笑)...

ワークスクール

動物からテレパシーで受け取るメッセージの情報量と内容の質は、動物に対する興味と好奇心、真摯な姿勢、そして、彼らへの愛と感謝の心を持ち合わせ、動物達から養われたキャパシティによって影響を与えます。つまり、これは日々、自分が動物達に対する姿勢が問われるものです。そこに向き合うべき動物達の命と魂がある限り、アニマルコミュニケーションの学びに終わりはありません。そのため、その時々により、受講生の課題はそれ...

犬と異種の関係

  犬は元来、捕食動物です。 動くものや、他の生物に対する捕食本能は個体差があるものの、多かれ少なかれ持っています。 犬と異種が平和的な関係を築くためには、 捕食動物である犬に、被捕食動物を尊重する存在として認識させるよう人間が介入し誘導します。 誘導するにあたっては、普段からの犬と飼い主の間の信頼関係も大きな重要ポイントです。 被捕食動物は命を守るために、繊細な警戒心を持っていますので、 ...

鳥生活

サザナミインコの雛を迎えました。名前はポッポ。...

セッション予約再開のお知らせ

長らくお待たせいたしました。夜間のみの対応となりますが、電話セッションの予約受付を再開いたしました。天国へ旅立った動物、または緊急性を伴い、様々な事情から少しでも早くアニマルコミュニケーションを希望される動物と飼い主さんのためのセッションです。対面セッションにつきましても、月に数件ですが承れる見込みです。と・・・ブログをアップしている間に、本日更新分のご予約が、すべてご予約済みとなりました<(_ _...

受講生によるセッション・モニター募集中

アニマルコミュニケーション・ワークスクールでは、アニマルコミュニケーションを学んでる受講生が多数おります。 認定コースに進む中、飼い主様と動物達にモニター協力をお願いしながら、セッションの検証を行うことはとても重要な学びのステップとなっております。現在、下記の受講生がモニター様を随時募集しております。セッション料金はモニター価格として無料~小額となっております。直接お問い合わせの上、ご協力お願いで...