1

犬種の誇り



ブリュッセルグリフォンのソル♂

20年前、様々な犬種がいた犬の商業施設で働いていた時、ブリュッセルグリフォンとプチブラバンソンとアーフェンピンシャーの名前と見た目をなかなか覚えられずに、よく混同してました💦

この3犬種とも、ユニークで愛らしい風貌ですが、中身は、勇敢さを持ちつつも、明るく、友好的な子たちが多いです。

アニマルコミュニケーションでは、自分のどこが自慢であるかを教えてくれる子たちも多いです。

それは普段、飼い主さんや他の人たちから褒められたり、認められている部分である事が多いのですが、中には自分がその犬種としての誇りやプライドをしっかり持った子もいます。

そのような子たちは、飼い主さんに自分の犬種についての歴史や、自分たちが作られた意味を知ってほしい。もっと自分の種族に興味を持ってほしい、好きになってほしいと伝えてきます。

私たち人間も、自分の出身地や故郷、今住んでる街などに、他の人から興味を持たれたら嬉しかったり、誇らしかったりするのと同じく、彼らも自分の中に流れる血を誇らしく感じたいのです。

自分の愛犬も含め、出会う犬たちにも、ぜひそうした興味を持ってあげて頂けたら、彼らの自尊心が満たされ、素敵に誇らしげな表情を見せてくれるようになりますよ🐶✨
関連記事